ツイッターフォローお願いします!

ツイッターもやっています。

記事の更新時、モンハン関連でたまに呟いてます。是非フォローをお願いしますm(__)m

【初心者向け】各スキルの効果と解説【独断と偏見による】



「各種スキルの効果」を解説していこうと思います。

フロンティアを始めたての人向けの記事になります。ある程度まで進めている方は知っている事が多いと思いますがご了承を><

なお、スキル一覧は今でも有用性のあるスキル+G級スキル限定で解説していきます。

現行プレイヤーとしてなるべく分かりやすく各スキルの説明、意見も載せたので是非参考にして下さい!

全てのスキルは載せていませんがご了承くださいm(__)m

MHFのスキル一覧・効果

体力・スタミナ系

  • 吸血

攻撃を当てると自分の体力が回復する優秀なスキルで、以前のアプデにより体力回復に加え攻撃倍率の上昇の効果も付いた全武器種で使える優秀スキルです!

ほぼ全武器種で必須なスキルになりました。

吸血は+1、+2、(+3辿異スキルでのみ)があります。

厳密に言えば「吸血+2+吸血強化」or「吸血+1+吸血強化+2」=吸血+3って感じに。

基本的には吸血+1で運用する事が多いスキルです。+が上がるにつれ吸血(体力回復)をする確率が上がりますが回復量は変わりません。

吸血3の場合は100%吸血の効果が発動。ただスキル値が重めなので吸血+3で運用する方は少ないです。

吸血による倍率は最大で+80とかなり上がるので強いですが、敵の攻撃を受けるとリセットされちゃいます。(吸血し直し)

  • 薬仙人

今ではあまり使われなくなってきているスキルかも。

ラスタやパートナーに入れる方はまだまだいると思います!

薬仙人は基本的には二人以上のプレイヤーが発動していると意味があるスキルです。

二人以上薬仙人持ちのプレイヤーがいると回復薬に広域の効果が発動し、3人から回復効果アップ、4人でさらにアップといった感じです。

現在はあまり使われていませんので注意!

某有名な方は薬仙人を指定しているらしい・・(ぁ

  • 早食い

選択肢には今となっては入りづらい型落ち感が否めないスキルですが秘伝珠やギルスカシリーズの胴などの兼ね合いで入れる可能性もありえるので載せています。

秘伝珠で言うと双剣の朱雀ですね!フロンティアの鬼神化は体力が減るので体力管理が必要なんですが、その際に早食いがあると便利だったり。

入れている方はおそらく枠に余裕があって朱雀5の方とか位になると思います

ただ、双剣でもアプデにより吸血できるようになったので早食い単体としては更に必要がなくなってきたスキルかと思われます。

現在は複合スキルの腕利きにも早食いが入っているのでそちらで使う方も多いのかな?

攻撃系スキル

  • 剛撃

剛撃は全武器種で使えるほぼ必須なスキルです。倍率の上昇値がエグいです(笑)

剛撃は+5までありますが、使うのであれば+3~がおすすめです。

当時は(かなり昔になりますが)剛力珠を使った「攻撃大+見切り3+火事場2」が主流でしたが攻撃大は倍率+20でした。

剛撃+3=倍率+50(攻撃力【絶大】、代償、扇射+3と同等の効果があり、倍率+50されます。)

剛撃+4=倍率+80

剛撃+5=倍率+150

ちなみに不退には倍率+100の効果が付与されているので、不退が付いている場合は剛撃+5でないと意味が無いため皆さん剛5不退の構成にしているという訳ですね。

  • 一匹狼

ソロ出撃の場合にのみ発動する(ホルクのみ同行可)倍率上昇系のスキルです。

倍率上昇率はなんと+100!

剛撃とも重複するのでかなり強力なスキルとなってますが、ラスタなどの同行も不可でソロのみ有効とかなり限定的なスキルなのでプロハンさんがよく使うスキルです。

チアリム足1部位で発動するのでチアリムを使って発動させている方がほとんどで、TAとか、極み系ソロ討伐の動画勢の方が使っているイメージ。

PTで狩りをする場合は効果無効となってしまうので完全ソロ、更にラスタの激励などの恩恵も使わない場合に限るのでソロで火力を求めている方用のスキルですね。

  • 一閃

一閃も剛撃と同じくほぼ必須スキルです。

+3まであり、一閃を入れるのであれば+3まで持っていくのが常識になっているスキル。

「一閃+3」で会心率が+20%され、会心発生時のダメージが1.5倍とめちゃめちゃ強力なスキルです。

一閃+1や一閃+2はそもそも好まれるものではないので一閃は必ず+3にしましょう。

「不退」にはすでに一閃+3の効果が付いているので一閃を入れる必要はありません。

一閃は火力が会心率と直結するので一閃の効果をフルに発揮する為にも会心率を100%に持っていくのが重要です。

フロンティアでは比較的安易に会心率100%にする事ができます!

  • 閃転

こちらもほとんどの場合で必須なスキルです!

会心率を上げたい場合にも使いますし、不退を付けている方にも必要なスキルです。

不退でもまずシミュで優先的に入れるスキルですね。

なぜかというと・・閃転は付けるだけで会心率+30%されます。(これも上方修正された)

更に、非不退の場合は会心率補強で付ける事が多いですが、閃転は会心率100%を上回った時に余剰会心分を倍率に乗せることができるんです。

不退(会心率100%付与)があったとしても会心率が130%を超えるので倍率上昇の為に付けているんですね。

ただ、会心率の余剰分で上がる倍率も上り幅に限界があるので150%位までが閃転の効果を十分に発揮できる数値なのを覚えておきましょう。

  • 痛撃(弱点特攻)

攻撃が与えやすい部位にダメージを与えた際に肉質+5の効果を付与するスキルです。

ワールドでは柔らかい部位に与えると会心率50%されるスキルですがこちらはちょっと違うので注意。

不退には肉質条件が関係なくどの部位でも弱点特攻が発動しているのが不退が強いと言われている理由の一つです。

以前はスキル値20で発動でしたが15で発動と緩和されました。

  • 巧撃

モンスターの攻撃をフレーム回避すると攻撃力が一定時間上昇するスキル。

回避するほど倍率は上がっていき最大で+100されます。

効果時間は武器種によって違いますが大体平均して20秒位です。

辿異スキルの巧撃強化を付けると最大倍率上昇率が+220まで跳ね上がります。

最大倍率まで上がってから回避成功した場合は効果時間延長します。

回避主体の武器におすすめなスキル!

  • 属撃(属性特攻)

弱点特攻の属性バージョンですね。

こちらを単体で付けることはほぼなくなってきてます。

不退にはこの「弱点特攻+属性特攻」が両方入っていて更に通常の属性特攻と違い狙う部位は関係なく属性ダメージが上昇する効果があるので不退がおかしいくらいに強いんですよ!

不退以外で付けることはあまりないと思っていいスキルかと思います。

  • 劇物の心得

こちらも複合スキルができたので、単体で付ける事はなくなってきたスキルです。

効果はかなり優秀で、毒、麻痺属性の攻撃が必ず発動するようになる。というスキルです。

確定で発動する代わりに属性値は下がりますが確定で発動するのでかなり優秀です。

劇物赤イカ太刀とか強かったような覚えがw麻痺剣だったかもしれませんが・・

  • 怪奇

最近登場した新スキルで、こちらが先ほど言った劇物の入った複合スキルになっています

劇物取扱皆伝+状態異常攻撃強化+状態異常追撃が同時に付くスキルです。

状態異常追撃は例えばモンスターが毒状態であれば普段は毒の効果は無駄になりますが、毒エフェクトが出た場合にそれを与ダメージとして与えることができるスキルでこちらも強いです。

狩煉道の麻痺片手枠としても最近は必ず使われるスキルで、注目のスキルですね!

麻痺片手や毒武器で怪奇が付いていない事は無い位の必須スキルになったんじゃないかな?

  • 鼓舞

鼓舞は現在使われている優秀な複合スキルで鼓舞2にすると「笛吹き名人、回避性能+2、気絶無効」の効果が付いたスキルです。

笛吹き名人以外の効果は他のハンター全員にも付与されます!

MHFで必須スキルである回避性能をこちらで補う事もあります。

ちなみに鼓舞は辿異スキルで強化する事ができるので鼓舞3にする事もできます。

鼓舞3の効果で周りのハンターにもスタミナ急速回復が付くので他のハンターが抜納術を付ける必要がなくなり火力に回せます。

「真根性・火事場力+2」の効果が同時に発動する複合スキルです。

最近は腕利きに真根性が含まれていたり、火事場は別のスキルで発動させる事も多くそこまで使われなくなってきているスキルです。

不退には火事場+2が付いており、不退のペナルティーとして真根性も発動しないので不退持ちの方はもちろん使わないです。

  • 腕利き

「早食い・移動速度+2・武器裁き・真根性」の4スキルが同時に発動する複合スキルです!

4つも同時発動するスキルで、全てのスキルが優秀な補助スキルなので不退、非不退どちらとも入れる価値あり!

ラヴィで入れている方も多くかなり注目のスキルの一つです。

不退では真根性は発動しないので注意です。

  • 尻上がり

時間経過で倍率が上がるスキルです。

こちらは装備に組み込む事はあまり現実的ではありませんが、尻上がりの実で高難易度クエストに使う選択肢としてありです。

  • 纏雷

回避、攻撃、移動を行うとゲージが溜まり、溜まる一定時間「状態異常無効」「移動速度UP+2」「武器捌き」「回避距離UP」が発動します。

更に武器だし中の移動速度が上がり、無条件でどの部位も肉質+5の効果があります。

全武器種で一部を除いてほぼ必須スキルです!

  • 贅撃(消費特攻)

切れ味の消費が増える代わりに常時倍率+100の効果。

かなり強力なスキルですが、巧流と同時に運用するなどの工夫が必要になります。

ネカフェ武器などの一部ゲージが長い武器では良く使われています。

  • 猛進
  • 幕無
  • 一点突破
  • 雌伏

ガード武器でガードが成功すると倍率がアップしていきます。

上がった倍率は被弾でリセットされちゃいます。

武器種によって上昇倍率の最大値が異なりますが、武器によっては最大で+300!

太刀でも最大で+150です。

雌伏強化を付けると1ガード毎の上昇率がアップ、更に最大値に達した場合は切れ味回復の効果があります。

雌伏強化+刹那の守りを付けた場合で刹那(ジャストガード)を成功させれば2回で最大倍率まで持っていけます!

ジャストガードを成功させるにはスタミナが必要なので次のご紹介する闘覇が付いていると発動しないことがあるので注意です。

基本的には雌伏強化を入れる場合は闘覇抜きがおすすめ!

  • 闘覇

倍率1.2倍の代わりに抜刀状態ではスタミナが減少していくリスキーなスキルです。

ラヴィでは必須スキルとして使われてます。

  • 不退

現状最強スキルと言われている?不退の構です!

効果としては、

  1. 倍率+100
  2. 一閃3同等の会心ダメージ
  3. 火事場+2
  4. 切れ味レベル+1
  5. 無条件弱点特攻+属性特攻
  6. 狙い撃ち同等の効果
  7. 会心率+100%

不退のペナルティとして「絶望、真根性、魂の再燃」が無効になります。

とても強い最強のスキルと言っても言いですが、不退を発動させるにはかなりの時間と労力が必要になるので欲しい方は覚悟が必要です( ;∀;)

防御系スキル

  • 反射

名前の通り、ガードした際に反射でダメージを与えることができるスキルです。

反射4(反射3+反射強化など)を付ける事によって反射のみでそこそこ早くモンスターを討伐する事もできちゃいます。

反射専用装備など、特にランスで良く使われているスキルですね!

現在では至天黒で幕無し反射の構成でも使われているようです。幕無維持の為に反射+1を入れているパターンですね。

  • 要塞

ガード性能、絶倫、武器捌きが同時発動するスキルです。

今となってはガード性能が付いている防具も少なく単体で入れる事がほぼ無いので、基本的にはガード性能を入れるために要塞を入れる場合が多いです。

そのため要塞+1か2どちらにするかはガード性能を+1にするか+2にするかで決める事がほとんどで、モンスターによって使い分けて入れてます。

ちなみにラヴィでのガード性能は不要と言われてます。

剣士系スキル

  • 巧流

攻撃をフレーム回避すると切れ味回復の効果。

こちらも回避系ぶ武器に付けてあげると快適になります。

消費特攻との相性も〇

巧流強化を付けると回避した際に一定回数切れ味消費無効に加え、モンスターにダメージを与えることも可能です。

  • 剣神

剣士で必須スキル!

「切れ味レベル+1業物+2、剣術+2」の効果が同時発動します。

切れ味レベル+1は不退に付いていて不要に思えますが、不退でも業物と剣術の効果が必須スキルなので剣神は必ず入れましょう。

剣術+2の2ヒット判定が強いのと、一部武器種で不遇だったヒットストップの遅さも改善されているので剣士であればどの武器でも入れるべきスキルに変わりました。

太刀のヒットストップは改善がかなりされましたし、片手剣はまだ少しヒットストップが重いかもしれませんが慣れると問題なく使えるかと思います。

後は業物の効果も馬鹿にできませんね。切れ味減少の効果がかなり助けられていると思います!

ガンナー系スキル

  • 射手

ガンナーの弾や弓の系統問わず全ての弾、矢の倍率が上がるスキルです。

ガンナーの必須スキル!

  • 装着

「総点数UPと装填速度」が同時発動するスキルです。

+3まであって+が上がる毎に装填速度がプラスされていきます。装填数は1までしか増えないので+1でも+3でも同じです。

ボウガン、弓どちらにも有効なスキルです。

基本的に今のライトは貫通弾しか使わない為リロード速度が「速い」の武器種であれば装填速度が必要ないのですが、防具に付いているスキルの関係上「装填数UP」の為に入れておくって事も多いかと思います。

反動「小」であれば貫通弾は反動軽減も不要なので装着1だけ付けて運用する場合もありますね。

  • 穏射

総点数UP+反動軽減が付くスキルです。

  • 弾丸節約術(節約名人・達人)

ライト・ヘビィボウガンに関しては「節約達人+辿異スキルの弾丸節約術強化」までが今となっては必須になっている超優秀なスキルです!

弓は枠と相談して入れるかどうか決めましょう。

ボウガン系に関してはDPSがかなり上がる火力スキルといっても言いですが、弓に関してはそこまで必須とも言い難いかなって気がします。

  • 狙撃

連射(速射と間違えないようにしましょう)+クリティカル距離ダメージUPの効果が付く複合スキルです。

弓用のスキルです。ライトボウガン、ヘビィボウガンには使わないことを覚えておきましょう。

不退弓だと未だに連射を単体で付ける事もしばしば。

非不退であればクリ距離ダメージUPの効果が付くので狙撃も視野に入ります。

もちろん不退で連射の代わりに付ける事もあると思いますけどね。

  • 空隙

すいません詳しくは分かっているか怪しいです。。

現在ガンナーの必須スキルになりました。

クリティカル距離が増える(モンスターより近い距離にもクリ距離が発生?)

攻撃を与え続けると「移動速度UP」+「回避距離UP」が発動します。

ライトボウガンは一定ダメージを与えるとパーフェクトショット(通称PJS)の範囲が広がるのでジャストショットが狙いやすくなります。

ヘビィも同様、パーフェクト圧縮リロードの幅が広がります。

弓に関しては溜め時間が短縮される効果が一定時間付きます。(連射の効果と重複)

ダメージ保護系スキル

  • 三界の護り

一部不要な場合もありますが、ほとんどの場合全武器種で必須です。

  • 絶対防御

どんな攻撃でも1回無効にするバリアをはります。

一度バリアが消えたら一定時間経つと再度バリアを展開します。

今使われる場合といえば、笛支援枠、ラヴィでの支援枠などですね。

不退発動時には効果無効となり付ける事ができないので注意。

その他

辿異スキルの強化が来たことによって注目されているスキルです。

紫喝を発動させる場合は威光+1以上と青魂を同時に付ければ発動できます。

紫喝+喝強化を発動させ、味方に喝(味方に攻撃を当てるか音爆弾を当てる事により付与できます)を付与すれば倍率+100、防御力アップ、疑似いたわりの効果が発動します。

疑似いたわりは仲間に攻撃を当てても怯まなくなる効果が付きます。

自分は仲間からの攻撃で怯んでしまうので完全ないたわりとは少し違います。

  • 炎寵

非不退の場合は火事場の為に付けたりします。

火事場は付いていますが、不退でも喝の為に付ける事も増えてきたスキルです。

ラヴィの支援枠ではほぼ必須スキルです。

  • 抜納術

武器捌きに加え、

抜刀中は「回避性能+2」と「絶倫」の効果が発動します。

納刀中は「スタミナ急速回復」と「ダメージ回復速度+2」が発動します。

回避性能の代わりにこちらを採用する事が多いです。

  • 氷界創生

自分の周りにスリップダメージを与える+範囲内にいる味方に切れ味+気力回復の効果を付与します。

未だに選択肢に入るスキルですね!

双剣や片手剣などの手数武器とも相性がいいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です